悪玉コレストロールを下げる方法

悪玉コレストロールを下げる方法

悪玉コレストロールを下げる方法

悪玉コレストロール(LDLコレステロール)が増加すると、動脈硬化になる可能性が高くなります。 

動脈硬化が進めば、心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる非常に危険な病気になってしまいます。 

このような状態になる前に、悪玉コレストロールを下げる対策が必要です。 

>>悪玉コレステロールを下げるには【LDLコレステロールは危険】

一般的に、高血圧、加齢、運動不足、糖尿病、喫煙、虫歯や歯周病などの感染症などが、悪玉コレストロールが多い人に見られる特徴です。 悪玉コレストロールを下げるためには、まず生活習慣を改善することが必要です。 

余計なカロリー摂取を避け、大豆製品、お酢、オリーブオイル、野菜、果物、海藻類、青魚、きのこ、アーモンドなどのナッツ類を中心とした食事を摂ると悪玉コレストロールを下げるのに効果的です。 

>オメガ3とは:http://オメガ3.name/

有酸素運動で体脂肪を減らすことも悪玉コレストロールを下げることにつながります。 

また、EPAやDHAを含むサプリメントを摂取することも、中性脂肪やコレストロールを低下させます。


コレストロールについて

コレストロールには、善玉コレストロールと悪玉コレストロールの二種類があります。

善玉コレストロールは、血管の内壁にくっついて動脈硬化の原因となるコレストロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶという大切な働きがあります。

それに対して悪玉コレストロールは、細胞内に取り込まれずに血管内に留まり動脈硬化の原因となります。 悪玉コレストロールを増やさないための対策としては、食生活の見直しが一番大切です。

動物性脂肪や糖分を取り過ぎないように気を付ける事や、青魚や野菜を積極的に食事に取り入れるように心掛けたいところです。 また、普段の生活の中に適度な運動をする事も大切です。

運動をする事で血流が良くなり、善玉コレストロールが増えて、結果的に悪玉コレストロールが減っていきます。他にも動脈硬化の要因となる喫煙や、過度の飲酒も控えたほうが賢明です。

更に、35歳を過ぎてからは1年に1回は検査を受けるようにすると理想的です。定期的に検査を受ける事で、予防や早期発見に効果があります。

血液サラサラにするには、DHA・EPAを取るのが大事でです。⇒DHA EPA ランキング